コガタスズメバチ|埼玉のアシナガバチ駆除、スズメバチ駆除、蜂駆除ならハチハンタームサシへお任せください。

ハチハンタームサシ
埼玉の蜂駆除

コガタスズメバチ

   

コガタスズメバチ1

コガタスズメバチ2

     
コガタスズメバチの女王バチは3cm程度、働きバチなら2〜2.5cm程度で、その名の通り小型です。中には大きなものもあり、オオスズメバチと区別できないこともあります。腹部のシマシマ模様が目立ちます。この模様はオオスズメバチと同じです。このハチも人家に近い環境に営巣するので、人と接触する機会が多く、刺傷事故の原因となります。営巣場所は樹の枝や家屋の軒下などの開放空間です。庭の植え込みにも良く営巣しますので、庭木の剪定作業で巣に気づかずに刺激して刺される事故が大変多いです。女王バチが単独で巣作りしている時期はトックリを逆さまにしたような巣の形をしていますが、徐々に外皮に覆われたボール型に変化していきます。巣の大きさはバレーボールくらいの大きさになりす。女王バチは5月中旬に営巣を開始し、働きバチは6月中旬に羽化します。活動が最も活発になるのは9〜10月で、働きバチの数は100匹を超えます。攻撃性はそんなに強くはありませんが、誤って巣を刺激してしまうと働きバチが一斉に出てきて激しく攻撃して来ますので、早めの駆除が必要です。
   
お問合せフォーム

PageTop